ついに売電始まる! 太陽光発電について


長かった申請期間
いや~長かった。
建築が始まる頃には申請出したはずなので、売電まで約1年ほど必要でした…
三井ホームの担当さんが、ハンコが足りなかったところがあるからと、印鑑証明と判を押してから申請が通るまでの時間は短かったような気がするのは、気のせいにしておきます。

3月からはフル稼働していたので、少なく見積もっても6万円ほどlossしてます。
どのような方法で申請するのかわかりませんが、申請後に変更できるのであればハウスメーカーや工務店を決めた時点で申請をかける事しか、lossをすくなくする方法はなさそうです。
載せるパネルの量によって再申請が必要であるなら、どうしようもありませんが…



<Sponsered Link>
売電価格
売電価格は、28円/kWhです。

ハンコの話が出たときに、今年申請の料金になっているとどうしようと思いましたが、大丈夫でした。

まだ1年経過していないため、payできるかどうかははっきりしていませんが、儲けを求めて載せるものではないですね。


太陽光発電を載せることについて

もともと、太陽光パネルを載せる事にあまり乗り気ではありませんでした。見た目、重量、メンテ、気密など、問題点があります。

地球環境的には野山を切り開いてパネルを置くよりは、良い方向に働くでしょう。ただ、パネルを作る際に排出されるCO2を考えると、環境的にも微妙な気もします。

真の実力は、蓄電池との組み合わせで発揮されます。

9月の台風21号により、周辺には停電している住宅がかなりありました。オール電化な我が家は停電にはめっぽう弱いです。地震による大規模な停電の場合、復旧するのにさらに時間が必要な可能性もあります。今回の台風でそのことを実感することができました。

発電量からは、完全に自立できるほどではないにしろ、蓄電池があり天気がボチボチよければ1週間以上通常の生活を送ることもできそうです。




今後
太陽光発電の買取価格が下がることにより、自家消費へ徐々に舵が取られることになると思われます。というか、買取価格を高くする政策自体が間違っていることはドイツが証明しており、当初から蓄電池に投資する政策がベターだったと思います。

10年もすれば状況はかなり変わっているはずですので、パワコンの保証が切れる10年後くらいに蓄電池あるいはV2Hなどの追加を考えています。

わが家は太陽光が載っているため追加の工事は大したことはなさそうですが、蓄電池の地震対策は過剰なくらいにしておく方がよさそうに思います。これは、エコキュートが地震で転倒や傾いた例があるためで、今更ですがエコキュートも余分に対策しておけば良かったと、少し後悔しています。


ランキングサイトに参加中。クリックしていただけると励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. xt より:

    おめでとうございます。羨ましいです。
    というのも、私も申請は4月に出し、9月に引き渡し、入居しておりますが、まだ太陽光の売電申請がおりません。
    一つお聞きしたいのですが、私は北海道電力の管轄ですが、売電申請が降りるまでの間、自家消費に使用するにも申請が必要と言われました。んで、ハウスメーカーにその手続きもお願いしたら、何故か『売電申請が降りるまで、自家消費でも使えないみたいです』と、意味不明の回答が得られ、現在パネルが載ってるが使用禁止の状態です。
    自家消費使用するのに、何か手続きしたり、時間かかったりとかありましたか?

    • むらやん より:

      ありがとうございます。昨年には間違いなく手続きが終わっていたので、やっという感じです。
      自家消費するための書類は特別になかったように思います。ただ、かなり流れ作業的に手続きが進んだため、何がどうであったかはっきりと覚えていないのが現状で…
      入居した時点で、太陽光の設備は動いているようでした。また売電が始まった際に何か操作が必要であったかというと、全く触る必要性もなく特別連絡もなく売電開始になっていた感じです。
      これが正式な流れであったかはわからないのですが、わが家では入居時に太陽光発電が動いていたのは間違いないです。

  2. xt より:

    ご回答ありがとうございます。
    私も、入居してすぐに太陽光は動く予定(自家消費分)だったのですが、なぜか北電から手続きが必要と偶然言われたことを三井ホーム側に伝えたところ、急にダメになりました。やぶ蛇だった可能性があり、何も言わなければ普通に使っても咎められなかったのかもしれません(TT

    あるいは、住んでる地域で違うかもしれませんね。北海道は出力抑制のかかる可能性がある地域ということで、関東などより+2円高い売電価格になってます。出力抑制のかからない地域であれば、自家消費に手続きが不要なのかもしれませんね。

    • むらやん より:

      出力抑制のかかる地域が関係する可能性はありますね。我が家では月にもよりますが、最大で自家消費量の倍ほど売電がありました。買い取ってもらえてない間は、タダで供給していた形になるので、電力会社が得してる感じですが… 電力が余剰気味であれば、タダでもいらんってことはありえそうです。
      実際には書類による手続きが必要で、言われなければスルー。言われるかどうかは損得で(ry
      太陽光の手続きにはあまり詳しくないので、あくまで上記は推察になりますが…