Dainao Garage Factory


ガレージどうします?
自称、車好きな私としては、ガレージの設置は譲れなかったところ。

1番カッコ良いガレージは、家との統一感も含め間違いなく三井ホームで建ててもらうものでしょう。建築士さんがデザインしてくれて、大きさもオーダーできます。

三井ホーム:「ガレージどうします?」

むらやん:「他所で買って設置してもらいます」

いやぁ、良いのはわかっているのですが、コストは怖くて聞くこともなかったです(汗

他所で買うとして、いくつかの問題が出てきました…



<Sponsered Link>
ガレージは建築基準法上の建築物です
後で持ってくるガレージでよく見かけるのですが、隣家のぎりぎりに建てているものがあります。法的に確実にパスできるのは、1m以上の距離をあけること。ただ1mあけるとなると、うちの場合は庭が狭くなってしまいます…

そこで、緩和条件を使うことにしました。それは、軒の高さが2.3m以下で、かつ外壁後退線よりはみ出す部分の床面積が5㎡以下であること、です。

発注するガレージの屋根は片流れになるので、隣家側の軒の高さを約2.2mにしました。これで隣家に寄せることができのですが、50cmより近づくには隣家の了承が必要になってきます。例え了承を得たとしても、隣家の建て替えの可能性や売却された場合なのを考えると、50cm以上は開けておく方がベターです。

などなど、なんやかんや調べているうちに、別の案が浮上してきました。




セルフビルドってどうよ?
家の事について調べているうちに、2×4についての知識も溜まってきました。構造としてはすごくシンプルで、かつルールを守れば強度もでる。

シンプルなのでセルフビルドで車庫ならできるんじゃね??

さらに調べるうちに、週末を3年くらい使えば建てることができそうな気がしてきた(あくまで気が)。

地球生活neo』さまのページを見ているうちに、さらにやる気に!?

でも、最終的にはオーダーガレージにしたのです… その理由は、シャッターが入る部分に2×4ルールを通すと横幅がかなり大きくならざるを得ないことでした。強度を確保するために壁が必要になるので、法的に確実にパスすすためにはどうしても幅が必要になります。土地が十二分に広ければ実行していた可能性がありますが、庭を優先にしました(普通ですね)。


Dainao Garage Factory
ガレージをオーダーしたのは、静岡県にある『Dainao Garage Factory』さま。

サイズや形状など、細かな要望にも対応していただけます。

わが家は、ガレージの後ろも外壁後退をパスできるように、屋根の切り替えをしていただきました。



あと、センサーライトに縦滑り窓を3枚、ガレージ内に棚を作成。色は見本を送っていただけるので、わが家の外壁の色になるべく近いものを選びました。


水勾配について
駐車場はスペース効率優先で縦に並べる形にしました。来客が無い限り3台縦に並ぶことはあまりないと考え、この形状を採用。家の基礎は駐車場と接する部分で高基礎になっており、なるべくロスを少なくしています。



縦に長いガレージ(約6.5m)で問題が。それは水勾配が結構なものになるということです。

妥当なところで2%の水勾配を付けると、ガレージの入り口から一番奥までで13cmほど上がる事になります(駐車場の入り口からでは30cmほどの差に)。

ガレージ部分の基礎(土間部分)は水平を取らないとダメで、GLと土間とは最低でも5cm以上の落差が必要なため、ガレージシャッター部分にかけて落差が大きくなっていきます。

なので、コンクリートでガレージ周囲を固めた場合の簡単なシェーマはこんな感じになり、ガレージのアプローチ部分が16cm以上の落差を生んでしまいます。



そこで、ガレージの周囲はコンクリートで固めるのではなく、砕石を敷き詰める事にしました(水勾配が必要なくなります)。確実に水はけの問題が出るので、屋根に降る雨は樋で排水。さらに砕石部分は暗渠排水を施してもらいました。




そして設置
クレーン車2台で、ガレージを3分割した状態で運び込まれます。

朝から来ていただき夕方までかかりましたが、無事に設置。うちのように奥まった場所への設置も難なくこなされていました。



ちょっとアメリカンですが、良い感じ(^^)

ちなみに、車庫本体はボルト止めになっており、固定資産税の対象にはならないとの判断をしていただきました(市や検査員によっても変わる可能性があります)

ガレージは後で設置することができますが、三井ホームに丸投げすることができなくなるため、ある程度の下調べが必要になると思います。外構屋さんにもよるとは思いますが、水勾配に伴う落差についても、良い解決法を提示してもらえず当方からの案で落ち着いた感じです。外壁後退についても知識がない、あるいは知っていても問題としていない場合もありますので、確認が必要と思います。




ランキングサイトに参加中。クリックしていただけると励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小林 より:

    はじめまして。
    ブログ拝見させて頂きました。
    我が家もガレージを検討していますが、
    設置場所が同じように壁に囲まれた奥まった場所で、
    同じ様に排水の悩みを抱えております。
    解決策の暗渠排水はとても興味あります。
    その後、排水で問題になったことはありましたか?
    経験談をお聞かせ頂けると幸いです。

    • むらやん より:

      はじめまして!
      コメント、ありがとうございます。
      そして、返信が遅くなりすみません。
      暗渠排水はこの一年で特に問題は発生していません。
      雨台風でなかったとはいえ、台風21号の直撃でも特に砕石部から溢れかえった様子はありませんでした。
      10年20年の経過でどうなるかわかりませんが、詰まったとしても修復できそうには思います。