基礎断熱、床下の環境


三井ホームの床下
まず、三井ホームの床について。
温暖地域における三井ホームの断熱は、床断熱になっています。

根太レス+剛床+通気パッキンの組み合わせ

根太レスは・・・
載せることができる断熱材の厚みが制限されることと、床下が狭くなり点検がしずらい事がデメリット。メリットは、材料が少なくてすみコスト削減、作業時間が短くなる事で雨に当たる確率が減る、剛性面で有利(これ微妙?)、玄関土間と床面の段差が少なくなる事です。温暖地であればメリットの方が多そうではあります。


1階浴室部分は…
1階浴室でユニットバスの場合、浴室の土台と基礎の間は通気パッキンではなく、通常は気密パッキンを使用します。通気パッキンを使うと、ユニットバスと家本体との隙間を埋める事が難しいことにより、気密が取れないからです。浴室の横にくる洗面や脱衣室には床に点検口を設け、そこから浴室の床下を点検できるようにします。浴室床下に通じる部分は人通口に蓋をして気密処理を行い、気密を確保します。
あるいは浴室と洗面室を一つの床下空間とし気密を取れば、人通口の処理は必要なくなります。


浴室床下の環境

こうして出来上がった浴室の床下ですが、その環境はどのような状況なのでしょうか。

まず、気密が取れている状況であれば、当然換気はできていません。湿気の移動については、ユニットバスからの流入を防ぐことができないため(そう思ってました)、床下の温度相応の相対湿度になると思われます。なので、基礎の温度次第では結露の可能性が出てきます。

わが家は、浴室と洗面の床下を基礎断熱+気密処理を行ってもらいました。当初、洗面の床に換気ガラリを開けて、床下の温度を上げる事も考えましたが、最初の1~2年を越えれば床下は乾燥方向に向かうとの情報(ソースは不詳)があったため、ガラリは開けませんでした。

その代わり床下にコンセントを設け、小さな除湿器や暖房器具を設置できるようにしました。



<Sponsered Link>


実際の状況は

基礎断熱部分の環境は施工中から気になっていました。なので、建設時より温湿度計を設置し、適時モニターしています。この温湿度計は、親機と子機があり無線で情報を見ることができます。



結果としては、何とか結露しない環境のようです。建築中1~2月の床下温度と実際に住みだしてからの状況から、全館空調を回している限り床下が10℃を下回ることはなさそうです。梅雨時期はまだ経験していませんが、思っていたよりも室内の湿度の影響を受けない印象です。ユニットバスは良くできており、湿気を外部にあまり出さないようです。

写真にも写りこんでいますが、念のためタンス用の除湿剤を入れています。除湿剤は寒い間、デシカントの性質的にも予想はできましたが、全く湿気を取っているようすが無かったです。暖かい季節にコンクリート打設を行う現場に、お勧めできます。

冬場に結露の可能性が出てきた場合には、除湿器よりも暖房器具を入れる必要性がありそうです。コンプレッサー式の除湿器でも良さそうですが、床下に入る大きさのものはペルチェ式しかありません。ペルチェ式は床下の温度が下がっていると除湿できるか微妙です。なので、除湿器よりも暖房器具がベターです。


基礎断熱における、お勧めの方法

大阪より温暖地であれば、基礎断熱部の床下換気はなくてもなんとななりそうです。ただ、コンクリート打設時期によっても状況は変わる可能性があり、確実とは言えません。

快適性を無視すれば、通気パッキンを使えばカビや腐敗菌の心配は減りますが、このブログの趣旨には合いません。

より確実性と快適性を求めるのであれば、全館空調の範囲にしっかり含めるのが良いです。吸気と排気のダクトを床下まで持ってくるのは配管を通すスペースを取らなければならず、ロスが大きくなってしまいます。

思いついた方法が、洗面と浴室の床下を一体とし基礎断熱で気密を取り、洗面の床に換気用ガラリを造ります。そして、浴室の天井に全館空調の排気ダクトを持ってくるのです。ユニットバスの大きさは浴室の広さ目いっぱいではないため、浴室の壁とユニットバスの隙間より空気を通して、床のガラリから入ってきた空気を抜きます。床下の温度が室温に近づくため、風呂の床のひんやり感が軽減されます。

あくまで私が思いついた方法のため、施工業者とよく相談の上で採用を考慮してください。この際の換気方法は、顕熱交がお勧めです。床下の防蟻処理にもよりますが、全熱交であればにおいや薬物が混ざってくる恐れがあります。

実際に我が家の床下はカビのにおいはしませんが、独特のにおいがあります。換気されていないのがその主な理由とは思いますが、換気されている状況での評価ができませんので、顕熱交をお勧めする理由になっています。


何となくの印象ですが
あくまで、実際に見たわけではありませんので印象だけですが、基礎断熱を入れずに浴室床下を気密パッキンと人通口を塞ぐことで気密だけを取った場合、結露する可能性が高いように思います。基礎に断熱材を入れないのであれば、いっそ通気パッキンにして気密を取らない方がマシです。気密を取るのであれば、気密パッキン+基礎断熱をしっかり+気密パッキン部分に発泡ウレタンによる断熱補強、まで施工してください。さらに安心を求めるのであれば、上記お勧めの方法のように換気まで入れれば間違いないです。





ランキングサイトに参加中。クリックしていただけると励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする