電気の使用量と料金(4月分)


電気使用量の検討(4月分)
引っ越して以来、初めて1か月分きっかりの電気料金の請求が来ました。

電気料金がどれくらいかを比較するにあたって、広さ等や設備がかなり影響するため、家の仕様を記載します。

わが家の仕様・設定:
三井ホーム 2×6 屋根(DSP8インチ) 床(熱伝導率0.022×90mm)
床面積は45.5坪+吹き抜け3坪(階段除く)
オール電化
太陽光発電 シャープ5.4kW
全館空調 デンソー 顕熱(熱交換70%) 暖房21℃
その他設備(電気代に影響?) エコキュート(SEKISUI 設定:おまかせ 給湯37℃ シャワー42℃ 風呂41℃) 洗濯機ドラム式 食洗機ミーレ ワインセラー(36本) プラズマテレビ50インチ 加湿器(スチーム式)


<Sponsered Link>
電気料金
わが家は堺市にあります。
電気は関電の「はぴeタイム」で契約。

4月分(2018年3月20日~4月17日の29日間)の請求は9830円でした。




検討してみる

はぴeタイムの特徴は、基本料金が高い代わりに夜間の電気代がかなり安く済むこと。

デイタイム(10時~17時) 32.38~35.73円/kWh

リビングタイム(7時~10時、17時~21時) 24.16円/kWh

ナイトタイム(23時~7時) 9.94円/kWh

と、なっています。



「快適ハウスを建てる」さまのコメント欄にてご迷惑をおかけしましたが、断熱や気密についてはマニアでも、電気については全然勉強不足でした(><) 反省。
電気料金は、電力会社によって設定が結構異なります。
上に書いているナイトタイム等の記載も、それぞれの電力会社によって当然のように変わります。東電の昼間・夜間の電気って、夜間じゃなくて深夜って言えよ!って感じ。(電力会社のせいにしてみたり)
東京電力との比較ですが、関電のはぴeタイムはナイトタイムが長く・安いですが、基本料が高いです。なので、冬場の電力消費が多くなる全館空調向け(電気をたくさん使う人向け)のプランと言えます。夏は昼間の電気消費が多くなり、また電気の単価が上がるため、太陽光発電との相性が良いです(自家消費でコストを削減できます)。
図らずとも、わが家は良い組み合わせになっているように思いますが、電力自由化で会社を選ぶことができたとしても、これを事前に把握してチョイスできるかというと難しいように思います。
すでに電気料金体系は複雑と言えますが、自由化にともなって顧客の取り合いになっていった場合には、携帯電話の二の舞になりそうで嫌な予感がしてなりません。
会社変更にて期間限定割引や、特典が付いてこないよう、会社を変更し続ける人が得をするような顧客を無視したシステムにならないよう、祈るばかりです。

電気使用量


電気代と言っても単価が違うので、比較しやすく電気使用量を記載します。

デイタイム 13kWh

リビングタイム 141kWh

ナイトタイム 263kWh

total 417kWh (太陽光の自家消費があるため、少なくなっています)


ちなみに売電はまだできていません(><)
太陽光のモニターは一日ずつの結果が見れるので、たし算していってみると・・・
モニターによる電気の使用量は、関電の数値より少し多めになっていました。1割弱ほどは誤差が出てくる可能性があるようです。
3月20日~4月17日の自家消費は、190kWhほど。なので、太陽光がなければ600kWhほどの電力消費になります。
売電の契約が完了していないため、実験的に昼間の全館空調の温度を上げたりしたので自家消費が多くなっています・・・
自家消費電力を加味して太陽光無しの電気代を大まかに計算すると、16000円ほど。
まあ、高くはないけど安くはないですな。

ランキングサイトに参加中。クリックしていただけると励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村