個室でエアコン空調を極める?

空調をどのようにすれば、エコになるのか。

個室エアコンなのか全館空調なのか? 個室エアコンはホントにエコなのか?

全館空調がメリットを得られる条件があります(丸投げですが、さとるパパさんがまとめられています)。

地球環境的にエコという考えを元に、考察してみたいと思います。



超・高気密高断熱の家の場合(Q1住宅とかのレベル)

個室のエアコンが有効な条件は、断熱性能がある一定より低い家。超・高気密高断熱の家であれば、家全体をエアコン1~2台でカバーすることができるため、そもそも個室エアコンという概念ではなくなってきます。逆に超・高気密高断熱の家で個室管理のエアコンを入れ、間欠運転を行うことの方がエコでは「ない」可能性があります。

これは体感温度の問題で、同じ快適性を求めると壁の温度が室内の温度に近づくまでの間、余分なエアコン運転が必要になる可能性があるからです。また、急速に温度を上げ下げすることにエネルギーを使うため、外壁性能がかなり高い場合には家全体で空調する方がかえってエコになる可能性があります。(エネルギーロスの問題ではなく、同じ快適性を求めた結果としてのエコの話です。)

<Sponsered Link>



良くある気密断熱の家(Q値が1後半)

現在、一般的に高断熱とされ建築される家の多くがこのレベル。Q値が1後半であれば、全館空調と個室エアコンで悩ましいところ。「間欠運転のロス」と「余分な部屋を空調するロス」とのバランスになります。家族構成や部屋の使い方にも左右されるため、どちらがベストという決定打はないです。家族が大勢で、個々の部屋で過ごす時間が長ければ、全館空調はかえってエコになると思われます。

『比較的大きな家で家族は二人のみ。昼間は一人働きに出ているため、昼間にリビング以外で空調の必要なし。』このような場合、家全体の断熱性・気密性を上げず、個室エアコンでさらにエコを目指すにはどうすればよいか。もう、この家族構成の時点で、個室エアコンが全館空調よりエコになっていますが、これが良く考えると『もったいない』が意外と多いことに気が付きます。

まず個室エアコンの場合に、普段使わない部屋や廊下、トイレ、風呂・脱衣室は寒い・暑いものです。これはエコのためなので我慢が必要です。これが前提になります。

では、その空調を効かせない部屋の横に来るであろう、リビング等のエアコンの効く部屋は、空調の効かない部屋へ熱を漏らしている可能性があります(これはもったいない)。なので、部屋を分ける壁にはしっかり断熱材が入っている方がよいです。リビングが1階であれば天井の断熱性能を上げるのも良いでしょう。

また、よりエコを目指すなら、リビングとダイニング・キッチンは分けた方が良いです。昔の家は廊下があり、個室空調にマッチした間取りになっていましたね。

さらに、換気にも気を使いましょう。ドアにアンダーカットが入ると空調が漏れるので、長く居る部屋の換気は、その部屋だけで完結させる必要があります。3種換気で引いていく場合、自然吸気口周辺の空調の効きが悪くなるため、その配置が重要になります。また気密性能が悪いと、自然吸気口以外からも外気が入るため、体感的な空調の効きが悪くなってしまう可能性があります。そもそもパイプファンで換気量がしっかり調整できるかが微妙です。ベストは、1種のダクトレス吸排気。スティーベルが間違いなくお勧めです。

ドアにもポイントがあります。リビングのドアは引き戸ではなく開戸にします。引き戸は気密性が良くないので、空調が漏れてしまいます。ちなみに、断熱の室内開戸はざっと調べた感じ存在しなさそうです(ここら辺はあきらめるしかありません)。

要は、何が言いたいのか。エコを語るなら、根本からエコな家(Q1レベルの家)に住むのが良いのです。極めるならば、個室エアコンによる空調も色々な制限があり、失うものが多いのです。上記の『大きな家で二人暮らし…』パターンは、個室空調にするだけで確かにエコになります。ただ、色々な「もったいない」があった上でのお財布的なエコであり、地球環境的に胸を張ってエコしてると言えるのでしょうか? そもそも小さな家に住むのはもっとエコです。なので、地球環境を考えるなら、家全体を強化しましょうよ!(環境の違いもありますが、英国やドイツの基準を調べれば納得ですよ)

ちなみに、このブログのこのページ以外で「エコ」が出てきていれば、それはお財布的なエコのことなので、よろしく! (うちの家にはエコとは言えない、もったいないが結構ありますので。)



ランキングサイトに参加中。クリックしていただけると励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする