サーモグラフィーによる階間の状況

そもそも階間の状態を確認するためにサーモグラフィーを使っていただいた訳ではないので、映り込んでいる部分で見てみます。

では、写真を。1階天井方向を撮影したものです。



(クリックすると大きくなります)

階間はやはり冷たいです。窓の周りの温度と同じくらいの状況になっています。ただ、この状態から天井の石膏ボードの上にはロックウールが5cmほど入るため、1階においてコールドドラフトを感じることはないと思います。2階の床としてはどうでしょう? 1階の熱が断熱材で階間に入らなくなれば、2階外壁側の床面は少しひんやりするかもしれません。

アイジョイストの木材欠損部に関しては、それほど冷えているようには見えません(直接外壁に接する部分の木材表面温度を測定できているわけではないので、微妙です)。

ただ、この評価はトリプルガラスを使用した状態でのものになります。窓を標準のもので採用した場合には、窓のほうが熱橋になりますので、階間の断熱はそこまで必要ないとの結論になりそうです。

<Sponsered Link>

三井ホームでは階間の外壁側にロックウールを入れていた時代があります。費用対効果を考えると必要ないとなるのも、大きな企業としては納得ですが…

「以前の仕様のように、階間の断熱材を施工してもらう」これをお勧めするのは、木製サッシやトリプルガラスサッシを採用する場合と、二階リビングの方ですね。

あと階間が結露するかどうかですが、室温13~14度ほどでこの状況ですので、全館空調が入っていればまず問題ないと思います。逆を言えば、個別空調で夜間無暖房の北側の部屋にて洗濯物を干してたりすると、窓と一緒に結露している可能性はありますね。

現在の三井ホームで、全館空調は耐久性を上げるうえでもお勧めのオプションです!



ランキングサイトに参加中。クリックしていただけると励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゴエモン より:

    むらやんさんはサーモグラフィーによる断熱欠損の検査までやっているんですね。ゴエモンもやってみたいなあと思っていましたが、思っていただけで終わってしまいました。一応、第3者機関?の検査はしていただいているので、そちらの方から細かいチェックは入っていますが、断熱欠損まではしていただけないと思うので、いいですね。
    しかし、ここまで、断熱・気密性にこだわるなら、一条工務店は候補に入らなかったのかなあと素朴な疑問がわくのですが、差し支えなければ、一条工務店を外した理由なんかあれば教えてもらえないですか?

    • むらやん より:

      ゴエモンさん。コメントありがとうございます! サーモグラフィーは第3者機関の方に、気密断熱について熱くメールをしていましたら、気を使って検査に入れてくださってました。
      外断熱が入る家を選ばなかったのは、我が家が堺市にあり南海トラフ地震に影響を受ける可能性からです。地震による外断熱(発泡系断熱材)の気密性や防蟻性の低下の可能性が主な理由になります。
      まあ、どの工法でも地震がくれば気密は緩みますが、発泡系断熱材による外断熱は影響が大きいように思います。地震に強いとされるツーバイで充填断熱、データが豊富な大手メーカーで、三井ホームになりました。あと、三井ホームの家には味があるし、美しいのが多いです。今風・流行してる・よくある感じ、ってのが好きでない人なので。ちなみに、地震が起きた後でしたら、地場の工務店(モコハウス)にしていたと思います。

  2. ゴエモン より:

    地震による気密性の低下については、ゴエモン家はどこのメーカーでも同じかなととらえて検討していませんでした。とにかく、モノコック構造は揺れないので強いということは分かっていましたが。我が家も神奈川県なので東海地震が怖いです。デザイン性については相方が三井ホームのほうが好みだったようでそういう面では良かったみたいです。