デンソー全館空調(顕熱)について

我が家は換気システムに、デンソーの全館空調を選択しました。

顕熱です。

顕熱であれば、トイレや浴室も全館空調の管理区域に含むことができるため、換気に伴うロスを少なくすることが可能です。(局所換気扇は最弱の物を選択しても、換気量がそれなりになるため、熱交換ができないことによるロスがどうしても大きくなります)また、局所換気に引っ張られて、計画換気が予定通り機能しないことも防ぐことができます(レンジフード使用時は別)。

<Sponsered Link>

最大のメリットは上記の通りですが、デメリットとして。浴室が寒い可能性があります。24時間換気に含まれるため、換気を止めることができないのです。寒い冬に換気扇を回して、風呂に入ることになります。ただ、入ってくる空気は室内のものであり、設定温度が22度であればその温度前後で空気が入ってくるはず。で、色々調べたのですが、顕熱に関しての情報はネットでは異常に少なく、人柱になりかねない状況・・・メーカーさんからは、個人差があるとの説明になりますね。



なので、実際に試してみました。室温が20度ほどの状況で、換気扇を回した状況で風呂に入った場合、寒いかどうか。換気扇は弱設定。浴室はTOTO(浴室ドアの換気孔が上のほうにあります)。結論としてはなんとなく涼しいが、寒いレベルではない。じっくり蒸気に包まれて温まるのが好みの方にはおすすめできないな、という感じでした。実際には換気される割合が、換気扇よりは少ないはずなので(換気を担当する体積や設定に影響を受ける可能性あり)、これより良いはず。真夏の換気不足(熱すぎる事)に関しては、ネット上の情報では大丈夫そうです。



不安要素その2。トイレは臭くないのか? 換気能力は局所換気より劣るので、においが残りやすい可能性があります。ただ、最近のトイレの脱臭機はかなり優秀なので、脱臭機なし+局所換気レベルにはなるのではないかと考えています。



不安要素その3。湿度は大丈夫か? 顕熱は当然、湿気の交換は行われません。梅雨時期が心配になります。ダイキンの家庭用壁付けデシカがあれば取りつけていたと思いますが、もう販売されていないため、無いものねだりです。再熱除湿は家全体で行われるため、ロスが大きくなります。なので、リビングに除湿器を置く予定です(個室にいる時間が短い家族ですので)。冬は逆に加湿器を置くことでの対応になります。



不安要素と自分をなっとくさせるための考えと対策を書いていますが、実際のところどうかはわかりません。住んでみての結果は、フィードバックできると思います。



あと、デンソーさん。最近、室内配管の断熱材が仕様変更になっています。50mmのものが25mmになり、断熱性能は同じとのことですが、グラスウールに2倍の性能差の組み合わせが存在しないため実際には同じ性能になっていないと思われます。なので、我が家はできる限り50mmの断熱材のダクトで配管していただきました(設計段階)。取り回しの問題での断熱材変更と思いますが、少なくとも外壁から本体(室内)までの間は50mmで回してもらうことをお勧めします。



もう一つ! 熱交換の電気代が馬鹿にならない、という情報があります。私が非常に参考にさせていただいているサイト(さとるパパの住宅論さま)の情報で、確かなものと思います。それは全熱によるデータなのですが、顕熱のデンソーさんはどうなんでしょう? メーカーさんに問い合わせが必要ですね(聞いとらんのかい!?)。



さらにもう一つ! デンソーさんの熱交換率について。 これもなかなか情報がないのです。一条工務店のロスガードが90%とかなり優秀で、そこまででなくても企業体質からはそれなりに頑張っているのかなぁと甘い期待をしていましたが、良くて70% 70%~良くて75%とのことでした・・・ ドイツ製のものは良いですねぇ。融通の利く工務店に依頼して、ドイツ製のドア・窓・換気を入れ、冷暖房を個室エアコンにするのが効率的にはベストな気がします(メンテを除く)。



全館空調のメリットは、すべての室内で温度差が少ないこと(快適性とヒートショックの予防)。加温することにより冬場に結露しにくくなり、家屋の耐久性が増すこと。になると思います。三井ホームは最近2×6が標準になっており、断熱性能と気密性とのバランスで結露の心配が増します。全館空調を標準にしても良い気がするレベルです。



ランキングサイトに参加しています。応援よろしく!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとるパパ より:

    ご紹介いただき、ありがとうございます。気が付いたことを補足させていただきます。
    浴室の寒さについて、(全館空調タイプが違いますが)三井ホームの我が家では、浴室外側に換気を一時的にオフにするスイッチが付いています。工事担当者に聞いたところ、この機能は全館空調を採用しない(脱衣所や換気が寒い)家向けで、全館空調の家では普通使用しない、とのことです。強運転だと寒さを感じますが、弱では私は気になりません。それより、窓が上等なので浴室の寒さは問題ないと思います。
    換気の電気代は、第一種は換気扇がINとOUTの2個必要になるのでどうしても高くなります。Panasonicなど省電力のものもあるので、消費電力が下がっているとよいのですが。
    熱交換率は一般に顕熱式の方が劣りますが、全熱式は対象外の換気量が多いため、顕熱式の方が回収できる熱の総量は多いのではないかと思います。

    • むらやん より:

      さとるパパさん
      コメントありがとうございます! 弱換気で寒さが気にならないという実体験は、安心材料になります!
      現在住んでいる賃貸の戸建てでは浴室の窓をほぼ開けたことがないので、新家では浴室には窓を設置しませんでした(変わり者?)。
      第一種は換気が安定しますが、必要な電力に関しては微妙ですね。全館空調と合わせヒートショック対策と家の耐久性向上に必要な、保険だと考えるようにします。
      換気の消費電力量がどれくらいかを含め、デンソーさんには他にも確認したいことがあるので、わかれば補足しますね!